FUNCTIONAL ROLLER PILATES 養成講座

bnr_seminar-648

 

ファンクショナルローラーピラティス(FRP)とは、
理学療法士である中村尚人氏が考案した“フォームローラー”を使ったピラティスメソッドです。

イクイップメント(道具)の特性による適度な抵抗感とサポート性、マットエクササイズの手軽さ、そのどちらも体感することができます。
“フォームローラー”の不安定な形状を用いたエクササイズは、姿勢を本来あるべき状態で保持し、ピラティスの原理原則(コアの制御・身体の正中化など)の実感を得やすくなります。
また、ピラティスに医学的視点を取り入れ、より理論的根拠に基づいたアプローチをし、機能的な動作(特にを歩行)へ導くこともFRPの特徴です。
FRPを修得することで、クライアントの状態をアセスメント(評価)し身体機能の問題点を見つけ、的確な改善指導ができるようになります。

juko

from Yoga works co., Ltd. on Vimeo.

 

ベーシックインストラクター養成コース

<座学>
・ファンクショナルローラーピラティスとは?
・ファンクショナルローラーピラティスの14原則
・ピラティスに必要な解剖学
・歩行に繋がる運動学
・頭位や肩甲帯を含むニュートラルポジション
・指導時の注意点

<実技>
・歩行に繋がる足部へのアプローチ
・上肢と胸椎を連動させたコントロール
・エクササイズ20種目(座位4種目・臥位6種目・立位10種目)
・コレクティブエクササイズ

<対象>
・ピラティスを基礎から学びたい人
・ピラティスを治療やトレーニングに取り入れたい人
・既にピラティスを指導している方でフォームローラーの使い方を習得したい人
・ピラティスを自宅のトレーニングに取り入れたい人
・スポーツパフォーマンスの向上としてピラティスを取り入れたい人

 

moshikomi

 

 

 

ミドルインストラクター養成コース

<講義>
・姿勢アセスメント(評価)
・関節と姿勢
・アライメントチェック
・歩行アセスメント

<実技>
・マイオフィシャルリリース(5種目)
・ローラーを使ったマッサージ(4種目)
・ローラーを使ったストレッチ(18種目)
・エクササイズ20種目(臥位21種目・立位4種目)

moshikomi